ブログはwodrepssとamebloのどっちがいい?


よくSEOのご相談を受ける際に、そのお客様が自社のブログをamebloで運用していた場合「amebloではなく自社ドメイン下にブログ(wordpressやMovabletypeなどのサーバーインストール型CMS)を作った方がSEO的には有利ですよ。」というお話をさせていただく。

「なぜamebloではいけないんですか?」という質問もよくいただくので、

今日はameblo、wordpressのメリット・デメリットについて解説しようと思う。

下記の表を見てほしい。簡単に2つのブログを比較してみた。

ameblo wordpress
seo効果 期待できない 期待できる
開設の手間 誰でも簡単にできる 多少の専門知識が必要
ブログ内の集客 話題になれば期待できる 期待できない
広告表示 勝手に表示され、自分には入らない 表示されない。
自分で広告を貼れば自分へ広告収益が入る

 

wordpressは自社ドメイン内に作られるのでSEO効果を期待できる。amebloは×

amebloはSEO効果が期待できない。何故かといえばamebloのブログはamebloのドメイン内に存在するからだ。

記事をどれだけ書いても「amebloの記事」になるだけで自社サイトのページ量に変化は現れない。

「amebloからリンクをもらえることはSEO外部対策として効果的ではないか?」

と聞かれることが多くあるが、amebloの記事内から出すリンクには全て【nofollow】というリンクの力を無効化にするタグが記載されている。つまりamebloからリンクをもらえているという評価を得られないのだ。つまりSEO対策にならない。

しかし、芸能人のアメブロには【nofollow】がついていない場合もあるようなので例外はあるようだ。

一方、wordpressは自社ドメイン下に作ることができるので、記事を追加すればするほど自社サイトのページ数が増えていくことになり、自社サイトの検索エンジンヒット率が上がっていく。

更新頻度とサイト内キーワード数、内部リンクも増え、SEO内部対策に非常に効果的と考えられる。

wordpress、amebloの構造

amebloの開設は誰でもできる。wordpressは素人には重たい。

wordpressは、まず最初に自分で【ドメイン】と【サーバー】を有料(年間数千円〜)で用意する必要があり、それだけでもWEBに疎いユーザーには面倒だが、そこへさらに【wordpress】のサイトからパッケージをダウンロードし、【データベース】を作成し、【configファイル】を修正し、そのデータを【FTP】でサーバーにアップしてようやく見れるようになる。

ホームページを簡単にでも作った経験がないとこの工程は中々重たいだろう。

amebloは完全に無料で【ドメイン】も【サーバー】も「ameblo.jp」内に作られるので用意する必要がない。

メールを打てる程度のPCスキルがあれば簡単に作ることができる。

企業のブログにamebloが多いのは芸能人たちが使っていて著名なこともそうだが、この手軽さも要因の一つだろう。

また、ブログに何人来ているかを見るためのアクセス解析ツールも、amebloであればデフォルトで入っているが、wordpressは自分で入れる必要がある。

 

ブログ内の集客がamebloなら可能。

wordpressは独自ドメイン内に作られるため、そのブログへ集客をする方法は検索エンジン対策(SEO)を行ったりリスティングを行う必要がある。

しかしamebloの場合、【amebloのネットワーク】がある。

ameblo内でのサイト内検索やランキングにヒットすることでユーザーを大量に呼び寄せることができる。

amebloはユーザー数が大量にいるのでランキング上位になればSEO以上の効果も十分に期待できる。

そういった意味ではamebloランキングに入る確率の高い芸能人などはamebloをあえて選ぶ意味がとてもある。

検索エンジンの上位を狙うより、amebloの上位を狙う方が可能性が高く、集客の母数も多い可能性が高いからだ。

wordpressはあくまで【SEO】には有利なブログなので、【集客】に有利なのかどうかはブログを書くユーザーにより選択肢は異なる。

しかし、個人的な意見としてはamebloのランキングに上位表示されるほどの人物に誰もがなれるのかどうかは少し疑問もある。。。

 

amebloでは強制的に広告表示。wordpressでは出ない。

amebloは無料であるが故に広告があらゆるとこに出現する。それがうざいと考える方も多いだろう。

特に企業の公式ブログであった場合にはさらに煩わしいかもしれない。(amebloを有料化すれば広告を消すことも可能)

wordpressでは強制的な広告は一切でない。

多少やる気があれば【Google Adsense】や【アフィリエイト】などの広告リンクを自分で設置することで、自分に収益が入ってくるようにすることもできる。

恐らくamebloにも自分の広告を貼ることもできるが、強制的に出現する広告と含めて表示されるので、自分の広告のクリック率も下がるし、それ以上に「広告だらけのブログ」ということでユーザーからも嫌がられることはあるだろう。

 

woredpressとamebloにまったく同じ記事を同時更新するのは絶対NG

上記の比較を説明した上で、または知っていた場合に、

じゃあどっちもやればいいじゃん

と思われる方もいる。

これはまさにその通りなのだが、まったく同じ記事内容は絶対に避けていただきたい。

なぜならGoogleでは重複コンテンツ(URLが違うのにコンテンツ内容がまったく同じ)は不正にページを増やそうとし、検索エンジンの順位を操作しようとするペナルティ行為に該当し、wordpressの記事、またはそのwordpressが入っているドメインごとペナルティに引っかかる可能性があるからだ。

どちらも更新を行うのであれば、どちらもまったく別の記事をアップしていただきたい。

ただ、それをするのであればどちらかのブログに絞って記事を増やしていく方が効果的ではあるかと思う。

 

amebloからwordpressへの引っ越しは可能か

意図せずにamebloでブログ更新を長きにわたって行ってきたが、SEOを気にしてwordpressへ移行したいという場合もあるはずだ。

その際にameblo書いてきた記事をすべて無かった事にするのはあまりにも大きな損失だ。

ところが、amebloからwordpressは直接移管することはできない。

しかし安心してほしい。直接は確かにできないが、amebloからfc2ブログへは簡単に記事を移管することができる。

そしてfc2ブログからwordpressは簡単に記事をインポートすることができる。

記事は非常に簡単に誰でも移行が可能だが、記事内に貼られた画像を移管するのは少々作業が煩雑になってくる。その細かな方法については別記事で書こうと思う。

特性を知って適切なブログ選びをしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です