ホームページを作る前に考えておくべき【KGI・CSF・KPI】


リニューアルのご相談をいただくときに

「今より効果的なホームページを作ってほしい」

と言われることが多い。

その時にヒアリングをすると同様に多いのが【ホームページにゴールや評価指標がない】ことだ。

ECサイトであれば、無論ゴールは【購入】となる訳だが、ECサイトでなくてもゴールは存在する。

【予約申込み】【お問い合わせ】【資料請求】【電話連絡】などだ。事業に合わせて最適なゴールがあるはずだ。  無いならば作る必要がある。

今日はホームページのゴールである【KGI】、成功要因である【CSF】、評価指標である【KPI】について紹介する。

これらを設定しないと下記イメージのグレーの点線のように今が正しいのかどうか判断が付かない。

KPI・CSF・KGI

これらの用語は元々経営分析をするために生まれた言葉だと思われるが、ホームページにも適用可能だ。

KGI(重要目標達成指標)とは

KGIはKey Goal Indicatorの略で、直訳すると重要目標達成指標となる。

つまりホームページのゴールのことだ。

前述したようにECサイトであれば【購入】、企業のホームページであれば【お問い合わせ】、体験型の商材であれば【予約申込み】などが【KGI】となる。

また、【KGI】は数字目標になる。下記がKGIの例だ。

  • ECサイトの【購入】を◯◯件/月
  • 【問い合わせ】を前年の◯◯%成長
  • 【予約申込み】を年間◯◯件

数字でゴール設定を行うことでより明確に目標を追えるようになる。

もし自社ポータルサイトで【お問い合わせ】や【購入】などの特定のアクションがゴールと成り得ない場合には

【有料掲載ページのPV】を◯◯/月

というやり方もある。

オフラインでの購入や来店が事業のゴールの場合には、

ホームページでの【店舗ページの閲覧数】、ショップ地図の【携帯への送信数】

などのやり方もある。

【KGI】が設定されていないとそのホームページは有効に使われているのか評価のしようがない。

すべてが上手くいっているとも言えるし、何もうまくいってないとも言えてしまう。

【KGI】の設定はホームページを作ることの何より先にやるべきことだ。まだ設定していなければ早急に設定しよう。

※【KGI】と後述する【KPI】は【コンバージョン】とよく同義で使われている。

 

CSF(重要成功要因)とは

【CSF】はCritical Success Factorの略。

言葉が違うが同じ意味で【KSF】という言葉もある。Key Success Factorの略だ。

どちらも重要成功要因という意味。具体例は下記をご覧頂きたい。

  • アクセスを増やす
  • コンテンツを増やす
  • 購入率を増やす
  • 直帰率を減らす
  • メールマガジン会員を増やす

見て頂くとわかるかもしれないが、【要因】を述べているだけで、どのぐらい増やすのか減らすのかということについては話されない。

【CSF】は【KGI】を達成するために必要な事象を切り分けて考えるために使う。

今のホームページがKGIを達成するために一番必要なことは何か。

例えば【KGI】が【売上】だとする。

【売上】を伸ばすために成約単価の高い商品の成約率を上げようと考える。

高単価商品Aはキーワードaからアクセスしてきたユーザーが成約率が高い。しかし母数が少ない。

キーワードbは成約率は低いが母数が多い。

キーワードbからアクセスしてきたユーザーの高単価商品Aの成約率を上げることでKGIの達成に大きなインパクトがあると予測する。

今のホームページのCSFは【キーワードbからアクセスしてきたユーザーの高単価商品Aの成約率を伸ばすこと】であると定義し、チームで施策案を出しあう。

もっと単純な要因となることもあるかもしれないが、ここまで細かくなることもあり得る。

またCSFは当然複数出てくるが、優先順位付けは必要だ。

KPI(重要業務評価指標)

【KPI】はKey Performance Indicatorの略で重要業務評価指標と言われる。

【KPI】は最終的なゴールである【KGI】を達成するために必要な【CSF】に数値目標を付けたものだ。

例えば【KGI】はECサイトの【購入10件/月】としよう。

【CSF】はわかりやすく【訪問数を増やすこと】【購入率を上げること】に設定する。

すると【KPI】は【訪問数100人/月】【購入率10%/月】のように定義する。

マイルストーンのような使い方で【KPI】は設定する。

いきなり高いゴールを目指しても理由もわからずに達成できないことがある。

ゴールを細分化して、より低いゴールにしたものが【KPI】だ。

【KPI】が達成されなければ【KGI】は達成されない。

普段気にするのは【KPI】となる。【KPI】の集合体、行き着く先が【KGI】だ。

 

以上がホームページを作る前に設定しておいてほしい評価指標だ。

これが明確に決まっていればホームページのPDCAも淀みなく進むだろう。

ちなみに【KGI】の設定はホームページ責任者、事業責任者が行い、紐づく必要な【KPI】を設定する。

現場としては100%【KPI】主義になっていて問題ない。余計なことは考えずに任された【KPI】を如何に達成するかだけを考えていた方がいい。他の【KPI】も見始めると色々な言い訳を思いついてしまう。

マネージャは現場に【KPI】を徹底させる。

その【KPI】は達成されれば必ず【KGI】が達成される設計を行う。

現場は任された【KPI】を確実に達成させる。そのために能力の全てを使う。

これが成果の出るホームページを運営する人間たちのスタンスだと筆者は感じている。

是非自身の現場で実践みてほしい。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です